« Cockatiel | Top | Handmade »

2013年03月19日

またKoedaネタ

風邪ひき中のこえだ。
実は風邪がまだ完治していないと、もう1週間引き延ばされ、まだ
うちに連れて来ていません。

一昨日、ホームセンターでお取り寄せをしておいた商品が入荷に
なったと連絡があったので、こえだに面会がてら、ペットショップに
寄って来ました。

お店の人は謝っていたけど、でもそれは仕方がないことで。

抱っこをさせてもらったけど、コロコロして来て、胸板も厚くなり、ご
飯を良く食べている様子。
私達が抱っこをすると、尻尾ブンブンで、顔をペロペロ舐めて、す
ごく人懐こい。

当然まだ反応はないけど「こえだ」って声を掛けながら、ナデナデ
してあげました。

今日はこえだの健診日。
夕方、健診の結果の連絡が来るはず。
さて、こえだの風邪は完治しているのか。

2013年03月06日

風邪ひきのKoeda

昨日、ペットショップから電話がありました。
Koedaは獣医さんの健診を受けたのです。

「今日の健診(便検査含む)では成長には問題はないそうです。ただ
ちょっと風邪をひいているということで、お渡しを1週間延ばして下さい
と言われました。次の火曜日にもう一度健診があるので、その結果を
待って下さい」

そんな訳で、10日(日)に引取りに行く予定が17日(日)になりました。

本当ならすぐにでも迎えに行きたいところだけど、イタグレって身体は
細いし、寒がりだし、ましてやうちへ来たら新しい環境に慣れてもらわ
なきゃだから、健康状態が良い状態でないとね。

ばるっちが「あー、日曜日、楽しみにしてたのになー」ってぼやいてま
したが、でも迎えに行ってしまえば嫌でも毎日一緒にいる訳だし(笑)
ここはKoedaのためにも、うちの人間のためにも、そして先住犬さんの
Pockieのためにも我慢ですな。


で、ちょっと気になることが。
昨夜、Pockieがご飯をほんの少ししか食べてくれなかった。。。
今朝はしっかり食べてくれたけど、人間がKoedaのことでそわそわし
ていて、Pockieが何かを感じてるのかも。
気を引きたくて食べなかったかな。

動きは普段と同じく、おもちゃを持って来て遊んで!!ってするし、
何も変わった様子はないんだけどね。
Koedaばっかりに目が行っちゃうだろうから、Pockieも大事に大事に
可愛がってあげよう。


2013年03月05日

イタグレちゃん

日曜日にご贔屓にしているホームセンターが売り出しをしていたので
行って来ました。
そのお店には小動物・海水魚・淡水魚を売っているお店やペットショッ
プもあり、そこで今いるポッキー(イタリアン・グレー・ハウンド:♂)に
一目惚れをして連れて帰って来てしまったのでした。

で、またやっちゃいました。
この子にも目を奪われ・・・




この子は女の子です。色はブルー&ホワイト。
今度の日曜日に家へ連れて来ます(^▽^;)
去年の11月7日に生まれ、明日で4カ月になるところ。
名前は【こえだ】にしました。

本当ならポッキーがいるんだからプリッツにしようかと思ったのですが
お店で見た時に、ポッキーが4カ月の時よりも小粒だったので、お菓子
も細くて小さい物をと「小枝」をチョイス(笑)
呼ぶ時も「プリッツ」より「こえだ」の方が呼びやすいしね。


さて、母はまた躾に負われるわ。

2012年06月16日

検診したよ

今日は愛犬ポッキーくんを病院へ連れて行きました。
目的は、フィラリア予防のお薬を貰うため。

まず、血液を採取し、フィラリア感染の有無を調べました。

インフルエンザとか市販の妊娠検査薬のキットと同じような形状の
ものに、青いラインが1本出れば陰性。
2本なら陽性。

幸いポッキーは陰性で、今年も予防薬を与えるため、来年からは
血液検査は不要だそうです。


検査結果が出るまでの数分、先生とお話をしていました。
ポッキー、爪の色が悪いのです。
普通は透明に近い色をしているはずが、白かったり、やや黄色
掛かっていたり。
爪を切ってあげると切り口がザクザクになってしまい、遊んでい
る時には腕にスーッと傷をつけられてしまいます。

そこで栄養(エサ)が悪いのでしょうかと聞いてみました。
それは多少なりとも影響はあるとのこと。

確かに今は安いドッグフードを与えているので反省だなぁ。
これからはポッキーが元気に長生き出来るよう、やっぱり獣医
さんがおススメするドッグフードに変えて行かなきゃ。


慣れない病院へ行ってお疲れモードのポッキー。



それから行ったついでに予防接種もして貰っちゃいました。
去年は別病院で6種混合を接種したのですが、今年は獣医さ
んのお考えで8種混合を接種しました。

ポッキー、採血も予防接種もとーってもおとなしく、上手に出来
ました。

------------------------------------------------------------------------

ってここまで書いたところでポッキーの顔が腫れてることに気付く!!!
「うわ~、アレルギーだ!!」と思ったので、直ぐに病院へ電話をし、
さっき、抗アレルギー剤の注射をしてもらいに行って来ました。

先生が「来年は違う種類のワクチン接種にしましょう。違うワクチンに
してもアレルギー症状が出るようなら、接種はもう止めた方が良いか
もしれないですね」と言っていました。

去年は予防接種をしても全然症状は出なかったんだけどなー。


で、顔が腫れてるポッキー (。→ˇ艸←)プッ
目の周りと口の周りがぷっくりしちゃって笑える顔。


2012年05月07日

まだ肌寒いなー



ハウスの座布団の上で丸まってるポッキーくん。


寒いけど眠いのだー。

GW中はお散歩へいっぱい行ったよ。
バルさんが大好きで、ずっと追いかけっこをしたんだぁ。
お母さんがちょっとボクを押さえて、バルさんが隠れたらGOサイン。
見つけるとバルさんが逃げるから、僕はバルさんを追いかけて(笑)
バルさんはかけっこが早いけど、ボクは余裕でバルさんに追い付い
ちゃうもんね。

  (^→ܫ←^)♡

2011年11月24日

怪我した

昨日、「ポッキーを2階に連れて行くのはダメ」と普段から言って
いるのに連れて行ったバル。
連れて行ったのを承知しながら、しばらく様子を見ていました。

2階からバルとポッキーが走る音が聞こえます。
だけど下りてくる気配がないので、いよいよ「ポッキーを連れて
早く下りて来なさい!!」と怒りました。

「はーい」とバルの返事が聞こえた直後、ポッキーの鳴き声。
どこか痛めたような鳴き方。

ポッキーを抱っこしながら階段を下りて来たバルから「ちょっと、
何したの?」と言ってポッキーを受け取ると、左前足を痛がって
鳴いているポッキー。
それが11時頃かな。


そして様子を見ていたのですが、どうも歩き方がおかしい。
寝ていて、一度起き上がって体勢を変えようとしただけでも、時々
キャンと鳴くポッキー(・㉨・;)
ゲージから出ていても、人に寄り添って、ちっとも動こうともしない。
もし歩いてもそーっと、そーっと。

見た目からして骨折ではないけど、いつものあげあげポッキーとは
いかにしても違いすぎ。


幸い、祝日でも営業している獣医さんがあるので、そこで診て貰い
ました。(昔からある獣医院で、ポッキーは初診)

診断の結果、骨にはまったく問題がなく、捻挫であろうと。
痛み止めを使う手もあるけど、出来れば静かにしていて欲しいので
薬は使わずに様子を見ましょうと。
このくらいの月齢(現在8ヵ月)のワンコなら、痛みが和らげば動き
回るので、回復しているのが眼に見えますからと。


で、今日のポッキーは、時々キャンと鳴くものの、昨日よりは明らか
に鳴く回数は減り、動きがあります。
ひどい捻挫ではなかったみたい。良かった。

2011年11月12日

犬好きなんです

どうでも良い話ですけど・・・

子供の頃から犬好きな私。
小1の頃は、野良犬を拾っては「この犬、飼いたい」と親に話し、100%
「ダメ」と言われて、諦めきれずに隠れて育てようとしたりしてました。

学校の給食のパンを残して帰宅し、隠したワンコにあげたり、あたかも
自分の犬のように、遊びに行く際には連れて歩いたり(笑)
でも、リードもないし、隠したワンコはすぐにどこかへ行ってしまう訳。

で、野良犬を見つけるとまた拾って帰って、「この犬、飼いたい」「ダメ」の
繰り返し。


小2の時、ついに親が根負けをし、犬を買ってくれると言い出し、お店を
回って、気に入るワンコを探しました。
で、犬種のことなんて何にも知らない私が気に入るワンコは、今思えば
大型犬ばかりだったんです。

「この犬がいい」
と言った中で鮮明に覚えているのは、真っ白なフワフワな毛をした秋田犬。
小2の私が散歩に連れて行けるはずもなく(笑)

親が「それは大きくなるからダメ。こっちならいいよ」と言うワンコを見ると
寒かったのかブルブル震えている痩せっぽちの茶色い犬。
ゲージの隅で震えながら、元気のない顔で私を見ていました。
犬種は覚えてないなー。
それこそ今、一緒に生活をしているポッキー(イタリアン・グレーハウンド)
みたいに細かったような・・・

当然、私は「この犬じゃいらない」と言って、他のワンコを探していました。
でも気に入るワンコはおらず・・・(。♋ฺ‸♋ฺ。)ウルウル


結局、犬種は親が決め、柴犬と共に生活開始。

まぁ、それはそれは嬉しかったですね。
毛色は全体的に白で、耳が茶色のオス犬。
名前は「パトラッシュ」

「フランダースの犬」を見て育った世代ですし、小2の頭の中なら白い犬と
言ったらパトラッシュしか思いつかないですよね(。→m←)プッ

そんな出来事から時は過ぎ、犬との生活は人生の半分以上。
傍にいて当たり前な存在。


その犬好きは娘には一切遺伝せず(^-^ა)
息子のバルさんはヨチヨチ歩きの頃からの犬が大好き。
ヨチヨチ歩きのくせに、グレートピレニーズに近づきナデナデ。
見ている方が怖かったわ(笑)

 グレートピレニーズ↓



でも娘は、ポッキーを迎え入れてから犬は苦手でなくなったようです。
ポッキーを連れて帰った日、私がポッキーと遊んでいて、紐の取り合
いをしていたら、ポッキーがじゃれて唸っていたのにはビビってました
けどね(笑)

「お母さん、この声、怖いから止めさせて」

って (。→ˇm←)プッ

2011年11月07日

pockie 停留睾丸2

ちょっと前置きを。

昨日、私が普段乗っている車の定期点検があったので、ちょうど通り
道である、ポッキーを購入したお店が入っているホームセンターへ
寄って来ました。

そのホームセンターには、テナントで鳥さんコーナー、熱帯魚(海水)
コーナー、ワンコ&ニャンココーナーが入っています。

我家は主に鳥さん、熱帯魚コーナーを利用しているので、その2店の
店員さんとはなかなかの関係が築けています。

で、鳥さんコーナーにバイトでいらしている女性店員さんが、個人的に
ワンコのブリーダーをしています。


ポッキーを我家に迎え入れる時には、この店員さんがブリーダーを
しているということは知らず、しかも、「連れて帰ります!!」とあげ
あげになっていたあの日・・・
その店員さんはお休みでいませんでした。

あの日、あの店員さんがいたら・・・


ここからが本題。


昨日、その店員さんがちょうどいらしたので、色々と聞いてみました。


先ず、ブリーダーさんはどのくらいでワンコを手放すのか。
→ 生後45日~60日程度。


停留睾丸気味だというのは、どのくらいで解るのか。
→ 手放す頃には解る。


ポッキーが停留睾丸気味だということは予測出来たのか。
→ もちろん出来る。


購入時にもらった契約書&説明書&健康状態記録、及び、口頭では
「停留している可能性がある」と一切伝えられなかったが、それについ
てはどうか。
→ かなり問題がある(書類には異常なしに丸がつけてある)


オペの費用については。
→ 取れるものなら取った方が良い。


誰に訴えるべきか。
→ お店は責任者が常にいない状態で、いるのはバイトさんのみ。
   バイトさんに色々言っても、上司への報告の際に話を変えられて
   しまう可能性があるので、直接、店長なり、本社へクレームを。


どのように訴えたら良いか。
→ 停留睾丸の可能性について一切聞かされていなかった上、うちでは
   雌犬を迎え入れて繁殖をさせる意向だったのに!!的な内容で。


因みに。
→ ポッキーを販売していたお店と同じお店で、女性店員さんが購入した
   ワンコは「腸捻転」だったそうで、購入後、2ヶ月でお星様になってし
   まったのだそう。。。 イヤッ゙(ノ><)ノ""
   もちろんクレームをつけたそうですが、販売者としては最低の対応だ
   とか。


うちの夫はそういうこと(争い事・揉め事)が嫌いですし、性格的にも大
人しいので、最低でも月一で行っているお店に、クレームをつけるのは
嫌がっています。

私だってわざわざ揉め事なんて起こしたくないですし、争うつもりもあり
ません。
ポッキーの件に関しては、知っていて(解っていた可能性大な訳ですし)、
飼い主へ大事な話をしなかったのですし、その説明を受けて、納得した上
で迎え入れたのではないので、謝罪はもちろんの事、手術代の負担をお
願いしたいと伝えたいのです。

そして無理なようなら、当然こちらで手術代は負担します。
だって、ひと目ぼれして、今となっては大事な家族になったポッキーなの
ですから当たり前ですよね。

良く、例えで「犬や猫じゃないんだから」と安っぽく言いますが、犬だって
大事な家族です。
ポッキーが睾丸だけでなく、他の臓器なども取らなければならなくなるの
は嫌です。
ポッキーの替わりの犬はいないですから。


帰宅してから夫に細く店員さんから聞いた話を伝えたのですが、とてもよく
理解をしたようで、ダメ元でそのお店の上の方の人へ、とりあえず電話で事
情を説明してみようかという雰囲気になって来ました。


冷静に対応と交渉をして行きたいと思っています。

2011年10月30日

Cesar Millan(シーザー・ミラン) 

私が今ハマっている番組が
「ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬のきもち、わかります~」
シリーズです。(原題:Dog Whisperer)

現在、日本では
スカパーHD Ch.675 National Geographic Channel HD
シリーズ3を放送中。


この番組に出ている カリスマ ドッグトレーナー 【シーザー・ミラン】氏。




すっごっいの、なんのって!!!
どんな犬も、飼い主も、理想の状態へしてしまうのだ!!

番組では、シーザーが単に犬のしつけ方法を教示するだけでなく、犬が
問題行動を起こす理由を解き明かし、解決策を示す、飼い主にとって勉
強にもなる内容を多数紹介。
問題行動のある犬が、まるで魔法にでもかかったように変わってしまう
さまは、まさに神業。
また、飼い主にも犬のリーダーとしても心構え、対応の仕方を教授して
くれ、毎回驚かされる内容です。


シーザーにうちへ来て欲しい・・・
うちの家族のポッキーへの対応の仕方を見て欲しいわ。




2011年10月26日

眠いよー




寝顔のドアップとお家の中でちょっと首をかしげて見ている
ポッキー。

2011年10月22日

さぶっ



寒くてフリースのお家で丸まるポッキー。

2011年10月15日

この瞳





見てよ、この可愛い顔。
これだからペットショップで見たら連れて帰りたくなるのよね。

2011年10月12日

Pockie 停留(潜在)睾丸

3月9日生まれのポッキー。
7ヵ月になりました。

ポッキーを迎えてからずーっと気になっているのがタマタマ。
定位置に下りてないんです。
停留(潜在)睾丸かもしれません。

ネットで色々調べると、通常2~3ヶ月で、中には4カ月、6か月
1年で下りて来たと言うワンコも。


ポッキーはペットショップで購入したのですが、その際には異常
なしと言われたし、書類も異常なしの所が○で囲んでありました。
しか~し!!!!!!
今の時点でタマタマはまだ高い位置に。

購入時のポッキーはちょうど3ヶ月になるところでしたが、お店の
人はこのことについて一切触れませんでした。
↑ 知っていて教えてくれなかったのであればかなり問題あり。

2011年06月06日

New Family



画像はクリックで拡大します。 110605_224743.jpg110605_221823.jpg110605_213500.jpg






























































Copyright © 2004-2012 Lovin All Rights Reserved.